生活

返済に追われる生活…教育費の準備が間に合わなかった家計の行く末

FPの家計相談シリーズ

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、貯金ゼロ、教育ローンの返済に追われる47歳の専業主婦。住宅ローンの返済も保険の契約者貸し付けに頼ります。子どもが独立するのを機に家計を立て直したいといいますが……。FPの横山光昭氏がお答えします。

貯金がありません。子どもたちの学費のために今まで教育ローンをたくさん組んでしまいました。住宅ローンもあと16年残っています。ボーナス払いも使いながら返済していますが、この8年ほどはボーナスが出ておらず、保険の契約者貸し付けを使ってなんとか支払っています。

老後の準備もしなくてはいけないので、ローン返済に追われる生活をなんとかしたいと思っています。自分もしばらくはフルタイムで働き、ローンの早期返済を目指していましたが、体調を崩したため今は専業主婦をしています。そろそろまたパートででも働きたいと思っているのですが、忙しくしてまた体調を崩すことがないようにと夫に言われており、まだ働き先を見つけることができていません。

子ども2人が春から社会人となり、独立するので、家計を改善するいいきっかけの時だと思っています。少しでも貯金ができるよう、アドバイスをお願いします。

<相談者プロフィール>
・女性、47歳、既婚(夫:52歳、会社員)
・子ども2人:長女(23歳、大学院生)、次女(21歳、大学生)※2人ともこの春卒業
・職業:専業主婦
・毎月の手取り金額:31.6万円
・年間の手取りボーナス額:なし
・貯金:なし

<教育ローンの状況>
(借入額・毎月返済額・残年数の順、およその金額)
1:180万円・1.6万円・4年
2:100万円・0.9万円・5年
3:50万円・0.5万円・5年
4:190万円・1.3万円・13年
5:100万円・0.8円・14年
6:180万円・1.6万円・10年

【支出の内訳(36.4万円)】
・住居費:10.3万円(住宅ローン、残16年)
・食費:5万円
・水道光熱費:2.6万円
・生命保険料:3.3万円
・日用品代:1万円
・通信費:2.8万円(春から子ども分1.6万円がなくなる)
・医療費:0.7万円
・交通費:0.5万円
・お小遣い:2万円(夫のみ)
・教育ローンの返済:6.7万円
・その他:1.5万円

横山: ご相談ありがとうございます。教育費が十分準備できず、ローンを頼ってしまったのですね。返済がかなり家計を圧迫しているようです。どうすると貯金ができるようになるか、考えてみましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ