読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、57歳パートの女性。借金を返済し終え、ようやく自分の老後のために貯金を始めたいといいますが…。FPの高山一惠氏がお答えします。

前夫の残した借金を返済し、子供を育て上げた今から自分の老後の貯金のスタートです。今の勤め先は60歳定年です。年金も払えなかった時期があり、支給金額は現在2万円程度です。この先、どのように計画を立てればよいのでしょうか?

<相談者プロフィール>
・57歳、女性、独身(離婚)
・子ども:2人(上26歳、下24歳)
・職業:パート・アルバイト
・居住形態:賃貸(一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:24万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:12万円

【支出の内訳(12万円)】 
・住居費:5万円
・食費:2万円
・水道光熱費:1万円
・保険料:0.4万円
・通信費:1万円
・お小遣い:1万円
・その他:(1.6万円)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:12万円
・ボーナスからの貯蓄額:70万円
・現在の貯蓄総額:90万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

高山: ご質問ありがとうございます。今までいろいろご苦労があったんですね。57歳から老後資金作りをスタートさせるとなると、正直大変ですが、できることを1歩ずつやっていきましょう。安心して老後の生活を送るためには、「長く働き続けること」、「年金を増やすこと」、「お金にも働いてもらうこと」が大切になります。