はじめに

家計の見直しをする。とくにマイカーは要検討

特に無駄遣いをしている様子はないのですが、気になるのが車両費と買換え費用です。

年齢を重ねると判断がにぶり、事故を起こす可能性も高まってきます。いつまでマイカーを持つのか、夫婦で話し合うことをお勧めします。

車両関連費は、合計で5.5万円。マイカーを手放すだけで、その分、生活費にゆとりが生まれてきます。

生活費の不足分を個人年金から補てんして大丈夫?!

現在の公的年金の受給見込み額は、夫婦で306万円。毎月30万円の支出を想定されていますので、年間支出は360万円。不足額は44万円になります。

まず、マイカーを手放した時点で5.5万円の支出が減ることになります。現状の毎月の支出額は32万円ですので、マイカーを手放した後の毎月の支出額は26.5万円で年間318万円。公的年金の見込み額との差額は、年間で12万円。1カ月1万円です。これならば、公的年金だけでも、生活費をやりくりできる範疇になってくるのではないでしょうか?

相談者様の場合、個人年金保険が合計650万円あります。大きく切り崩すようなことが起こらなければ、個人年金保険から補てんしても大丈夫でしょう。

生活に変化があったときは早めに対応を

とはいえ、この数字は、あくまでも現状を反映した数字に過ぎません。ライフプランの変化や健康上に問題が生じた場合には、早めに家計の見直しをし、軌道修正していくことが大切です。

夫婦そろって働くことができるのは、この上なく幸せなことであり、お金を貯めることのできる最後のチャンスです。健康なうちにセカンドライフについて考え、生活全般を通して無駄がないのかの見直しもしてみて下さい。

無理をしなくても良いのですが、今が頑張りどきです。
相談者様が有意義なセカンドライフを送れるよう、応援しています。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。