はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、40歳会社員の男性。心理系の職業への転職を目指し、現在大学院で勉強中とのことですが、学費と転職後の給料ダウンで老後が心配だそうです。FPの横山光昭氏がお答えします。

40歳、独身男性です。会社員をしながら、通信制の大学院で心理学の勉強をしています。将来的には転職し、新しい仕事で成功したいと思っています。

大学院は2年で卒業で、学費は年間100万円ほどかかります。昨年分も、今年の分も、貯金から一括で支払いました。そのため、現在の貯金は230万円ほどに減っています。仕方がないと思うのですが、先日、40歳の誕生日を迎えたことを同僚と話していると、「初老に入ったな」といわれました。その時から急に、老後資金が足りるのかと不安になりました。学費で使ったとはいえ、貯金があまりに少ないと思うのです。

あと半年ほどで卒業なので、今後学費はかかりません。ですが、転職するとなると初めての職種になるので給料は安くなるでしょうし、今以上に減ってしまう可能性があると思っています。その一方で、新しい職種で成功したい気持ちも強く、転職をあきらめることはできません。

これから収入が減ってもお金を貯めていけるような方法はないでしょうか。今のところ結婚の予定はなく、生涯独身だと思いますので、老後に生活できるだけのお金を貯めたいです。

【相談者プロフィール】
会社員、40歳、独身
手取り月:38.2万円
年間ボーナス:約180万円
貯金:約230万円

【支出状況(総支出額:37.9万円)】
住居費:9.5万円(住宅ローン・管理費)
食費:7.3万円
水道光熱費:1.8万円
通信費:1.7万円
日用品代:0.8万円
教育費:1.8万円(大学院関連)
被服費:3.1万円(主にクリーニング代。洗濯は下着以外はクリーニング)
交際費:4.8万円
その他:4.1万円
使途不明金:3万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ