はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、38歳、会社員の女性。貯金以外に資産形成をしていないという相談者。終身雇用ではないため転職をすれば収入が下がる可能性もあり、将来が不安だといいます。FPの秋山芳生氏がお答えします。

このまま将来1人だった時の資産運用に悩んでいます。

今の仕事は比較的収入はありますが、終身雇用をしている会社ではありません。そのうち転職したら下がる可能性が高く、将来が不安です。貯金は自分でコツコツしていますが、投資関係はほぼ何もしていません。

相続の関係で数年前から不動産を1件持っています。いまは家賃収入もあるのですが、不動産運営の知識もさほどなくずっとこのまま持ち続けて良いのか、売ったほうがいいのか悩んでいます(数年前に大規模な修繕のあった、築数十年の中古物件です。修繕管理費が最近上がりました)。

【相談者プロフィール】
・女性、38歳、会社員、未婚
・同居家族について:一人暮らし
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:41万円34万(給与)+7万(賃貸の不動産収入)
・年間の世帯の手取りボーナス額:160万円
・毎月の世帯の支出の目安:26万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万7,000円
・食費:3万6,000円
・水道光熱費:1万円
・教育費:1万円
・保険料:3,000円
・通信費:8,000円
・お小遣い:2万円
・その他:0

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:160万円
・現在の貯蓄総額:1,600万円
・現在の投資総額:0
・現在の負債総額:0
・退職金:1000万

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。現在のご収入はしっかりしていて、家計の収支もしっかりしているように感じます。ただ、お独り身だった場合に「いつまで働けるのか?」「収入は確保できるのか?」「不動産の運用はどうしたらよいか?」「老後はどうなるのか?」という将来の不安があるということですね。一緒に考えていけたらと思います。