はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、43歳、法人職員の女性。夫の給料が一部歩合制のため、家計管理が難しいという相談者。家計を安定させ、教育費や老後資金を効率よく貯めるには? FPの秋山芳生氏がお答えします。

収入の一部が歩合のため月の家計簿管理が難しいです。家計簿管理を安定させたい。また教育費と老後のために貯蓄する方法を知りたい。

【相談者プロフィール】
・女性、43歳、法人職員、既婚
・同居家族について:夫(49)、住宅メーカー社員、固定給プラス歩合制、手取り13万円~60万円ぐらいでばらつきあり。子ども13歳、17歳
・住居の形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出の目安:46万3,000円

【毎月の支出状況】
・住居費:5万円
・食費:5万7,000円
・水道光熱費:1万8,000円
・教育費:6万円
・保険料:7万円
・通信費:2万2,000円
・車両費:5万6,000円
・お小遣い:3万円
・その他:10万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0
・現在の貯蓄総額:130万円
・現在の投資総額:0
・現在の負債総額:800万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:35万円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー 兼 FPYouTuberの秋山芳生です。収入に変動がある中、家計簿の管理と、教育費・老後の資産形成についてどうしたらよいかというご相談ですね。

ご主人が、固定給+歩合の給与形態なのと貯蓄が少ない状況ですので、「今月はいくら使えるかわからない」と不安になりますよね。一旦俯瞰して家計全体を見て、年間収入が最低でもいくらもらえるかを、過去の経験から割り出して、月あたりの平均を出していくしかないと思います。ご相談者さまは法人職員ですので、ご収入は安定していると思います。ご夫婦合わせての収入が平均50万円ほどになるということは、ざっくり25万円ずつとして考えていきたいと思います。

現在の貯蓄が130万円、一方で負債が800万円なので、借入の方が大きい状態にありますね。負債の内訳はわかりませんが、持ち家でありながら住居費があり、また車両費が5万6,000円あることから、住宅ローンと、マイカーローンがあるものとします。また、保険料、通信費、車両費が高いのでこの辺が見直しの肝になってくると思います。

それでは、一つ一つ見ていきたいと思います。