はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、28歳、派遣社員の女性。年齢制限のあるシェアハウスを出た後の住まいと保険についてお悩みの相談者。シングルの住まいと保険はどのように考えればよいのでしょうか? FPの薮内美樹氏がお答えします。

1)住まいについて
現在シェアハウスに住んでいます。年齢制限のあるシェアハウスが多く35歳を区切りとして賃貸マンションに住むか中古マンションの購入かを検討しています。現在は老後のために年間80万程度貯金しており、目先貯金(医療費や職を失った際の生活費)として年間30万程度貯金しています。年収は300万〜350万程度で、大幅に上がることはありません。一生独身で生きたいとおもっておりますが、購入の場合頭金をいくらくらい準備すべきでしょうか。

2)保険について
現在は社保に入っておりますが、民間の保険には入っておりません。掛け捨てで入るべきでしょうか?おすすめがありましたら教えてください。

【相談者プロフィール】
・女性、28歳、独身、派遣社員
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:23万円
・毎月の世帯の支出の目安:10万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:4万3,000円
・食費:1万5,000円
・水道光熱費:7,000円
・教育費:1万円
・通信費:1万円
・お小遣い:0
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万円
・現在の貯蓄総額:150万円
・現在の投資総額:40万円
・現在の負債総額:0

薮内:生涯シングルで生きていくことを前提として、マイホームを買うか賃貸でいくか、保険に加入する必要があるのかないのか、色々と悩んでおられるご様子です。購入する場合、事前に準備しておきたい頭金の目安だけでなく、購入時・購入後にどのようなランニングコストがかかるかも確認しておきたいところです。また、購入した場合、生涯の住居関連費総額を知ることで、経済面での賃貸との比較も容易になります。購入か賃貸かを検討する際のヒントについてもご紹介したいと思います。