はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、35歳、会社員の女性。新型コロナウィルスの影響で一時的に給料が3割減ってしまうという相談者。老後のために積み立てているつみたてNISAやiDeCoも一時ストップしようか迷っているそうです。収入減にどのような方法で対処すればよいでしょうか?  FPの秋山芳生氏がお答えします。

給与が来年3月までの間30%カットされる事となりました。

コロナの影響で大打撃を受けている業種のためやむを得ないと思いますが、生活が大変厳しくなります。減収中は現金預金で足りない生活費を補填すれぱ生活はできるかと思いますが、毎月老後用に積み立てているつみたてNISAとiDeCoを一旦ストップすべきなのか迷います。なお、会社に減収中の副業について問い合わせましたが、副業は禁止とのことです。

アドバイスをお願いします。

【相談者プロフィール】
・女性、35歳、会社員、未婚
・同居家族について:独り暮らし
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:21万5,000円 →3月まで13万の予定
・年間の世帯の手取りボーナス額:60万円(←コロナ前。今年は夏の20万のみ)
・毎月の世帯の支出の目安:16万5,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:6万2,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:8,000円
・保険料:9,000円
・通信費:5,000円
・車両費:1万1,000円自動車保険と車検代の積み立て
・その他:4万円医療費、被服費、雑費、小遣い含む

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:つみたてNISA1万5,000円(+ボーナスから20/年)、iDeCo2万3,000円、現金貯蓄0
・現在の貯蓄総額:600万円
・現在の投資総額:170万円
・現在の負債総額:0円
・ボーナスからの年間貯蓄額:20万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ