はじめに

主婦ながら、サラリーマン時代とパートで貯めたお金を使って不動産投資をスタート。コツコツと9年間続けた結果、不動産による収入が月100万円を達成した、パート主婦大家なっちーこと、舛添菜穂子さん。不動産投資をはじめようと思い立った頃は独身の会社員だったそうですが、なぜ不動産投資に興味を持ったのか、また主婦をしながらどのようにして物件を購入したのか詳しく聞きました。


なるべく借金ナシで投資するスタイル

――不動産投資には種類がありますが、なっちーさんはどのような手法を行っていますか?

築古の戸建てが中心ですが、団地や区分マンションなど数百万円で購入できる不動産を購入しています。2018年にようやくアパートも購入しました。それから転貸でレンタルスペースも運営しています。ここ数年は融資を使った不動産投資をしていますが、基本的には「古い物件を現金で購入して、なるべく安くリフォームをして貸し出す」というスタイルです。またタイミングを見て売却も行っています。

――現在どれくらいの不動産を所有していますか?

購入した戸建ては13戸ですが、1戸売却したので現在12戸所有しています。その他に、区分マンションを3戸購入して2戸売却。あとは団地3戸購入して、1戸売却。アパート1棟4戸を所有しています(合計16棟19戸)。また所有ではなくて借りた物件で行っているレンタルスペースも1戸あります。こうして並べてみると、たくさん不動産を所有しているようにも見えますが、9年かけてコツコツと買い増やしています。

――不動産投資をはじめたきっかけを教えてください。

私は大阪で生まれ育ったのですが、短大を卒業したタイミングが就職氷河期でした。就活がうまくいかず、なんと50社も落ちてしまいました。結局、短大の先生の紹介でアパレル会社に就職できたのですが、4年ほど勤めたところでリストラ。その後、倉庫会社に転職したものの今度は倒産してしまいました。そのときに「会社は絶対ではない。ちゃんとマジメに勤めていても職を失うことがある」ということを痛感しました。そして「将来に備えてお金を貯めよう」と思いました。

――就活の失敗にリストラ、倒産。大変な20代ですね。

ただ、リストラや倒産の際もそれぞれ100万円程度の退職金がいただけましたので、そこは良かったことです(笑)。どちらも手取りで15万円にも満たないお給料でしたが、実家暮らしなので、生活に困ることはありませんでしたし。でも本来なら楽しくサラリーマン生活を満喫しているような時期なのに、徹底した節約生活を続けていました。週末には知り合いの飲食店でアルバイトもするなど、振り返ってみると涙ぐましい努力をしていました。