はじめに

指値が通って、350万円で1戸目を購入

――1戸目の物件が買えたのはいつですか?

2011年の夏に大阪の吹田市にある駅から徒歩5分の戸建てを見つけました。値段は500万円で、私の自己資金は国債を切り崩した500万円だったので、購入時の諸費用やリフォーム費を考えると予算オーバーです。情報が出てからしばらく経った11月に、大阪へ帰省する用事がありました。その際に問合せしたところ、最初1000万円で出ていたものが、反響がなくて徐々に値下がりして500万円になり、交渉すれば400万円にはなるだろうという話でした。そこで思い切って指値をしたところ、350万円で購入できたのです。こうして、2012年1月に念願の大家さんになることができました。不動産投資をはじめようと思って勉強をはじめたのが2009年ですから3年目ですね。ずっと物件がほしかったので、買えたときは本当に嬉しかったです。

――その後は順調でしたか?

それが、購入するまでより、購入してからがすごく大変でした。リフォーム・客付け(入居募集)ともに大苦戦しています。今でこそ笑って話せますが、当時は相談できる人もいなくて、苦しくて辛かったです。

不動産投資を志して3年目にようやく1戸目の戸建てを購入できた、なっちーさん。次回は物件を修繕して、入居者を付けるまでの紆余曲折を聞きます。

(※本記事は不動産投資を推奨するものではありません。投資は自己責任で行ってください。)

この記事は参考になりましたか?