はじめに

地震保険は、家を再建するためではなく、生活を再建する保険

地震保険に入っていると、自宅を再建できるのか? という質問もありましたが、これは残念ながら難しいかも知れません。というのは、地震保険の加入は、火災保険とのセットでないと入れません。そして補償額は火災保険の50〜30%までです。つまり、自宅を再建する場合には、地震保険の補償額では足りないということになります。では、役に立たないのかというとそうではありません。地震保険の目的は、自宅の再建と言うよりは、生活の再建の役割が大きいのです。

家財の地震保険を優先して考える

地震保険には、2つあります。それは「建物」と「家財」です。それぞれに契約が必要になります。建物だけの地震保険に入っていると、「家財」の補償はありません。逆も同じです。

では、両方に入っておく必要があるのかというと、もちろん両方に入っておくのが安心ですが、私は「家財」を優先して入るのをお勧めしています。

というのは、マンションなどの場合は、管理組合が建物の地震保険に入っている場合が多いので、家財を中心に考えれば良いでしょう。また高層マンションなどは免震構造になっているので、地震に強い設計ですが、高層階などは、揺れが大きく家財の被害が大きい可能性があります。ですので、まず「家財」の地震保険を優先して入っておくのがいいでしょう。

戸建ての場合では、住宅ローンがかなり残っている場合などは、二重ローンになるのが心配ですから「建物と家財」の両方を検討された方がいいと思います。