はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、47歳、会社員の女性。義父母と夫、高校生と大学生の子どもと暮らす相談者。教育費や自宅の維持費、車の購入費などの特別費で出費がかさみ、老後費用を貯められないそうです。FPの氏家祥美氏がお答えします。

老後のためにお金を貯めたいのですが、なかなか貯められません。

夫が自営業で退職金もなく、将来は国民年金です。私はパートから正社員に転職して一年未満です。義父母と同居しているので、将来は介護が必要になり、私が仕事を辞めなければいけないかもしれません。

子どもの大学費用は学資保険で準備していますが、それ以外の貯金が少ないです。定期的に車の購入や、家の修繕、子ども資金で、まとまったお金が出ていくためです。将来子ども達が独立しても、子どもの助けは借りられません。借入金はありませんが、毎月の出費が多く、貯金が貯められません。持ち家の建坪が大きく、光熱費が高いです。自営業のため、保険費も高いです。

今後、老後資金としてどのような準備をしておけばよろしいでしょうか。将来に対して、お金の不安がとても大きいため、お力をお貸し頂けたらと思います。よろしくお願い致します。

【相談者プロフィール】
・女性、47歳、会社員、既婚
・同居家族について:
 本人(47歳、会社員、手取15万)
 夫(50歳、自営業、手取33万)
 義父(80歳、国民年金)・義母(75歳、国民年金)
 長女(19歳、大学生、自宅通学)
 長男(16歳、高校生)
・住居の形態:親の家で同居
・毎月の世帯の手取り金額:47万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出の目安:41万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円
・食費:7万円
・水道光熱費:5万1,000円(電気3万円、ガス1万1,000円、水1万円)
・教育費:6万円(大学2万円、高校4万円)※定期代含む
・保険料:3万9,000円
(夫1万8,000円、本人1万3,000円、子ども2,000円、損保6,000円)
・通信費:2万5,000円
(格安スマホ4台1万3,000円、ケーブルテレビ6,000円、サブスク6,000円)
・車両費:1万円(ガソリン代)
・お小遣い:7万5,000円(4人分)
・その他:犬1万円、交際費2万円、日用品費3万円、医療費2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:学資2万円、貯金2万円(余った分は貯金へ)
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・現在の貯蓄総額:80万円
・現在の投資総額:株70万円
・現在の負債総額:0円

氏家:こんにちは。ファイナンシャルプランナーの氏家です。今回は、老後資金のご相談です。お子さんの教育費がピークに差し掛かり、将来のための老後義金をなかなか貯められないことに、ご相談者さんは不安を募らせています。将来の不安を1つずつ、一緒に解消していきましょう。