はじめに

年金の繰り下げは、受給を開始してからではできない

また、年金の繰り下げをすると、年金額は増えます。1カ月繰り下げるごとに0.7%増えることになっています。年金を増やすにはとても良い仕組みで、基礎年金、厚生年金を別々に繰り下げることもできるのですが、受給額から見ると、ご相談者はすでに両方の年金を受け取っているようです。受給をしはじめると、もう年金受給を繰り下げることはできません。

できるだけ老後資金を長持ちさせながら暮らすことが最善

ご相談者が今できること、するべきことを再度確認しましょう。まず、支出を把握し、削減すること。そして少しでも長く働くこと。これは仕事の量が減っても良いと思います。年金を鑑みながら取り組んでいきましょう。

できるだけ老後資金を切り崩さずに、長持ちさせながら暮らしていくことが最善の策です。ですが、先のことを考えると、思ったより老後資金が減るスピードが早く、なくなってしまう可能性もあるでしょう。もし、そうなってしまい、お子さんを頼ることもできないならば、耐えてしのぐ暮らしをするのではなく、生活保護などの公的な支援を受けることを役所などに相談しましょう。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

この記事は参考になりましたか?