<PR>新電力に切替えで「マネーフォワード ME」のプレミアム機能が無料!

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、41歳、会社員の女性。独身で老後を迎える場合、年金で家賃を払う生活に不安を感じているという相談者。おひとり様の老後は賃貸か購入か、どちらがよいのでしょうか? 「横山光昭のFPコンサル研究所」のFPがお答えします。

独身のまま40代になってしまいました。この先もずっと独身で、老後も一人で迎えるのだろうと思うと、今のままで良いのか不安になったので、相談させてください。

今まではお金を貯めておけば老後は何とかなるだろうと思い、財形貯蓄(一般)を利用してお金を貯めてきました。毎月5万円以上を積み立ててきたので、今では1,000万円を超えるほど貯まっています。

ですがここにきて、持ち家がないことが不安になりました。年金暮らしになると、家賃を払っていては生活が苦しくなると思うのです。ですから、財形貯蓄を頭金に、財形住宅融資などを利用して家を買ったほうがいいのかなと迷っています。

また、今貯金を使ってしまうと、老後資金らしいお金が無くなります。先日知人の勧めで、老後300万円になるからと養老保険に加入しました。今の仕事の退職金は1,200万円ほど出るそうですから、現状の老後資金の見込みは1,500万円です。

1,500万円あれば生活費の補てんはできるのかもしれませんが、介護が必要になるなど誰かの世話を受けるようになると、これだけでは足りないようにも思います。もう少し安心して老後を迎えるために、さらに投資を始めるべきかと思い、最近はiDeCoやつみたてNISAを始めるべきか、FXや仮想通貨で一気にお金を増やすかなど考え、調べていますが、よくわかりませんし少し怖いようにも思い、なかなか第一歩を踏み出せません。

老後に安心した暮らしをするために、家を買うべきでしょうか。老後資金の準備はどのようにしたらよいでしょうか。プロのお話をうかがいたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、41歳、会社員
・手取り月収:26万2,000円(5万2,000円の財形貯蓄天引き後)
・手取りボーナス:約120万円(年額)
・貯蓄額:一般財形貯蓄約1,060万円、
普通預金80万円、養老保険(1年目支払額)約20万円
・毎月の支出の目安:25万4,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃・管理費 ): 8万1,000 円
・食費:7万2,000 円
・水道光熱費:1万2,000 円
・通信費(スマホ、ネット回線):7,000 円
・生命保険料:1万円(他に年払いの養老保険)
・日用品代: 7,000 円
・医療費(整体・歯科:9,000 円
・交通費:9,000 円
・被服費:4,000 円
・交際費:1万5,000 円
・娯楽費:1万円
・その他:1万8,000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ