はじめに

まずはiDeCoがおすすめ

「iDeCoやつみたてNISAを始めるべきか、FXや仮想通貨で一気にお金を増やすか」と考えられているようなので、アドバイスをさせていただきます。

老後資金を貯めたい場合には、iDeCoが第一候補になります。iDeCoは60歳まで引き出せないというデメリットはありますが、掛金が全額所得から控除される(所得税や住民税が安くなる)、インデックスファンド等の手数料が安い商品を継続的に運用することで、将来的に積み立てたお金を増やせる可能性が高いためです。ご相談者様のように投資経験が浅い場合、最初は少額で始めながら、徐々に掛金を増やしていくことをおすすめします。

iDeCoを始める際に重要なことは、口座管理手数料の安い会社を選ぶことです。口座管理手数料が高いと、運用で得た利益が大きく減ることになります。iDeCoは、銀行や証券会社、保険会社など、さまざまな金融機関が扱っていますが、私としては、手数料が安いネット証券をおすすめします。

つみたてNISAも活用して

老後資金作りには、つみたてNISAもおすすめできます。つみたてNISAは、年間40万円まで、金融庁が優良と判断したファンドに20年間投資ができ、運用益は非課税という制度です。iDeCoよりも柔軟に資金化することができるというメリットがあるため、住宅購入の頭金にする、老後資金として貯めておくなど、状況に合わせて利用することができます。節税できることを活かしつつ、上手に使ってください。

なお、FXや仮想通貨はハイリスクハイリターンで、ほとんどギャンブルといってもよく、投資のプロであっても損をする可能性が高いためおすすめはできません。投資の基本は、手数料の安いファンドで長期的に運用していくこと。それが損をする可能性を最小にしながら、徐々に資産を増やしていくことにつながるのです。

収支の見直しで投資の資金を捻出して

最後に、ご相談者様の収入と支出のバランスを見ると、計画的に貯蓄をされてきたと思います。ただし、独身であることから考えると、食費や生命保険料等について見直す余地があると感じました。それらを見直すことで、現状の貯蓄以外にもiDeCoやつみたてNISAのための資金を捻出することができそうに感じました。今後も継続して収支を把握、見直ししていってください。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。