はじめに

購入の一番大きなメリットは「安心感が得られること」

家を購入するか賃貸に住み続けるかについては、個人の価値観によります。ですが、今後も独身生活を続けていく予定であれば、人生のどこかで住宅を購入することを検討したほうがメリットがあると思います。そのメリットの中で一番大きなものは、将来にわたって住居について安心を手に入れることができることです。

購入によってどんな安心が得られる?

現在の仕事を退職後、収入が今よりも不安定になったり高齢になってくると、借りたい住宅があっても借りられないケースが発生したり、貸し手の都合で住んでいる住宅を更新できないといったことなどが起こることが考えられます。自分の住宅を手に入れることで、例に挙げたようなことによって将来的に住む場所が限定されたりなくなったりする可能性を減らすことができます。

また、自己所有の住宅がある場合、それを担保に老後資金を借りることができたり、売却によって老後資金にあてることもできます。年齢を重ねるにつれて、バリアフリー等のリフォームが必要になった際、賃貸住宅に比べてリフォームがしやすいのも強みです。それらのことを考えると、住宅を購入することのメリットは大きいでしょう。

物件を探す場合にはリセールバリュー(売却することになった場合の価値がどれくらいか)の高い物件を探したほうが将来的なメリットは大きくなります。駅、病院、ショッピングセンターなどが近い、あるいは都心といった立地的な優位性があれば、居住する際には便利ですし、売却する場合にも資産価値が高くなる可能性もあります。

次は、購入する際の注意点について説明します。
 

出来る限り退職前にローンの返済を

家を購入する際、いくつか注意をしてほしいことがあります。まずは、できる限り退職前に返済を済ませるということです。退職後は、仕事をしていた時と比較して、収入が大きく下がる可能性が高いです。そのため定年後まで返済が残っている場合、その後の生活に大きな影響を与えることがあります。

定年までに返済が完了したとしても、その住宅を保有しているかぎり、固定資産税や修繕費・管理費(マンションの場合)は支払う必要があります。購入の際の将来的なキャッシュフローについては、客観的なFPの意見を聞いたりしながら、最適な物件を探しましょう。将来の安心のための家が将来の不安の種になってしまえば本末転倒になってしまいます。

また、「一生に一度の買い物」という感覚に流されやすくなる点にも注意が必要です。予算以上の物件に目が行ってしまったり、不必要な設備をつけてしまったりして、余計なお金がかかってしまう可能性があるからです。その住宅が、本当に身の丈に合っているかを客観的に考える視点(本当にローンを返済できるかなど)を持つようにしてください。