はじめに

投資比率が大きくなりすぎないように

現在、500万円を運用に回しているので、さらに現金200万円から160万円を投資に回すのは、現金比率が少なくなってしまうので止めたほうが良いかもしれません。生活防衛費として、生活費の6カ月分を目安に現金を持っていると良いでしょう。現金が少ない状態で投資に資金を回しすぎていると、株価の暴落時に大きな支出が重なってしまった場合、損切りをしなくてはならない可能性が高まります。

160万円を全て投資に回すのではなく、生活費の6カ月分を除いた金額を目安に投資金額を考えると良いと思います。また、投資の方法は、目的が何であるか、何を重要視するかによって正解が異なります。目的に応じて適切な制度を利用すると良いと思います。そして、教育費、老後資金どちらを作るにしても不足分は毎月の家計から拠出し積み立てができるように家計改善されると良いと思います。

どこか参考になれば幸いです。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。