はじめに

iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)

iDeCoは、節税しながらおトクに老後の資金づくりができる制度です。掛金は月額5000円から始められ、預金・保険・投資信託などで運用し、60歳以降に受取ります。掛金は全額所得控除になり、所得税・住民税の節税になります。さらに、運用で得た利益は非課税、受取時にも税の優遇が受けられます。

ただし、掛金には上限額があります。会社員・公務員などの厚生年金加入者は、月額1万2000円~2万3000円(年額14万4000円~27.万6000円)。フリーランス・個人事業主などの国民年金の加入者(第1号被保険者)は、月額6万8000円(年額81万6000円)が上限です。

つみたてNISA

つみたてNISAもまたおトクな制度。年間40万円を上限に積立投資をして運用しますが、運用益に税金がかからずおトクです。つみたてNISAで投資できる商品は、金融庁が定めた基準を満たす投資信託・ETFに限定されています。投資初心者でも比較的安心して投資できるので、コツコツと続ける資産づくりに適しています。

iDeCoは60歳まで基本的に引き出すことができませんが、つみたてNISAはいつでも引き出せます。それぞれの良さを生かして、組み合わせて利用していくといいでしょう。


老後に受け取れる公的年金は、心強い収入です。しかし、それだけでは不安という場合は、早めに資金づくりをしておくと安心です。まずは受け取れる年金額を試算して、老後の暮らしをイメージするところから始めてみてはいかがでしょうか。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。