はじめに

つみたてNISAとiDeCoの活用も検討

投資の口座は、通常の証券口座でもよいですが、NISA口座を開いて、つみたてNISAで非課税投資から行うと良いでしょう。向かないと思えば、いつでもやめられます。もし、大丈夫だと思えたら、つみたてNISAの場合は月の上限額の約3万3,000円まで金額を増やしても良いでしょうし、iDeCo口座を開設して老後資金作りを目指すのも良いと思います。

iDeCoは一度始めると60歳まで解約ができないのですが、私的年金制度の一つとして税優遇が効いているので、所得税、住民税を収めている人には節税効果があります。

貯金を投資するだけでは原資が足りないでしょうから、家計を見直し、支出を圧縮して、余剰部分を投資に回していくことも重要です。家計を改善し、この基盤ができれば、教育資金、旅行費用、子どもの結婚資金、老後資金などの準備の見通しも立ち、自然と形成されていくことでしょう。しっかりと家計を改善し、目標を目指してください。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。