はじめに

REITに投資する5つのメリット

REITのメリット1:少額から投資できる

自分で直接マンションやアパートなどの不動産を買おうとしたら、最低でも数百万円~数千万円単位のお金がかかります。もちろん、銀行からお金を借りることもできますが、当然返済していかなければなりません。その点REITならば、数万円~数十万円で購入できます。

REITのメリット2:分散投資できる

自分で不動産をたくさん買うことでも分散投資はできますが、多額の資金が必要になります。しかしREITは投資信託ですから、複数の不動産に投資しています。つまり、1本買うだけで簡単に分散投資ができるのです。

REITのメリット3:入居者探しや物件管理の必要がない

自分で直接不動産を買って大家さんになっても、入居者がいなければ家賃収入は得られません。また、購入した物件を整備・管理するにも時間とお金がかかります。でもREITならば、そうした運営はすべてREITが行ってくれるので、手間がかかりません。

REITのメリット4:利益が安定している

分散投資をしているREITならば、少々景気が変動したからといって、急に入居者がゼロになることは考えにくいでしょう。仮に多少空室が生まれても、分散投資のおかげで収入が安定しやすいのです。また、REITは、利益の90%超を分配金として投資家に分配すると、税金(法人税)が免除されるルール。税引前の利益を分配するため、分配金が比較的高めです。

REITのメリット5:いつでも売却可能

自分で買った不動産を売却するのは時間や手間がかかり大変です。すぐに買い手が見つかればいいのですが、そうでない場合、見つかるまでずっと買い手を探さなければなりません。一方、REITは株式市場に上場しているため、株と同じ要領で購入・売却できます。いざというときの換金のしやすさは、REITのほうがずっと高いのです。