読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、60歳・自営業の男性。年金額は70歳から夫婦で年68万円、住宅ローン残債は2,300万円で残り19年という状況の中、老後資金作りのための投資信託購入かローンの繰り上げ返済、どちらを優先すべき? FPの秋山芳生氏がお答えします。

住宅ローンの繰り上げ返済をすべきか、老後の自分年金のための投資信託購入を優先すべきか悩んでおります。

子ども3人を、中学から大学まで私立に通わせたのと、仕事の業績悪化などで貯蓄はありませんでした。2年ほど前から業績回復、収入が安定したため、毎月地元信金へ2万円・小規模企業共済に4万円・つみたてNISA夫婦満額、特定口座の株式投資信託を含め計15万円で、合計21万円を毎月貯蓄しております。

その他、個人年金が昨年末から入ることになり、終身で5年5%逓増(ていぞう)型で年間、60歳40万円・65歳48万円・70歳58万円……と夫婦でもらえます。この年金は69歳で仕事を辞めるまで普通預金に蓄えておくつもりです。

公的年金は、未加入期間が長く、昨年年金事務所に行って確認したところ、70歳から私46万、妻22万しか年間でもらえません。

妻はパートで月6万円ほど収入がありますが、自分と子どもの共済保険6,000円程度の支払いや、国民年金保険料に充てているようです。貯蓄額はわかりませんが、自宅の修繕費などまかなってくれています。

このような現状で、住宅ローン残債が2,300万円強あり、返済期間残り19年、5年固定金利1.7%です。

69歳で仕事を辞め、老後暮らしていくにはどうすれば良いかご教示よろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・男性、60歳、自営業、既婚
・同居家族について:妻、60歳(パートの手取り6万円)
・子ども:3人(37歳、34歳、32歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:40万円(繁忙期に手取りが多かった分を貯蓄へ)
・毎月の世帯の支出の目安:29万5,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:12万円
・食費:10万円(妻に全額渡し、日用品・晩酌用の酒代・雑費なども含む)
・水道光熱費:2万円
・保険料:7,400円
・通信費:7,500円(光回線、スマホ込み)
・お小遣い:3万円
・その他:1万円(うち、10万円は年に一度の旅行費です)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:6万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):380万円
・現在の投資総額:500万円
・現在の負債総額:2,300万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:30万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ