はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、2人の子をもつ共働き夫婦の妻(39歳)。子どもの教育費が心配で学資保険を多めにかけていますが、それが負担になって車の購入費が貯まらないそうです。家計に問題はあるのでしょうか? FPの氏家祥美氏がお答えします。

2歳と4歳の子をもつ会社員夫婦(私39歳、夫40歳)です。

子どもの教育費が心配で、学資保険に毎月5万と、かなりの額をかけています。また、車の購入資金として600万円貯めたいのですが、なかなか貯まりません。家計を見直したいと思い、7月から固定費を削減し始めたところです。

今の家計状況で学費と車代を賄えますか?

夫の手取り月収は28~34万円で、夜勤がない今は28万円。10月から再開予定です。

【相談者プロフィール】
・女性、39歳、会社員、既婚
・同居家族について:
 夫/40歳、会社員、手取り月収28~34万円
(夜勤がない今は28万円。10月から再開予定)
 子ども2人/2歳、4歳
・住居の形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:39~44万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:140万円
・毎月の世帯の支出の目安:28万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万円
・食費:3万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:2万円
・保険料:学資保険5万円、生命保険1万5,000円
・通信費:2万円
・車両費:0円(車検代など年20万円)
・お小遣い:夫3万円、私1万円
・その他:車の車検と税金分1万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):50万円
・現在の投資総額:150万円
・現在の負債総額:3,300万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円

氏家:現在、ご相談者さんは共働きでお子さん2人を育てています。学資保険料が毎月負担で、なかなか車の購入費用が貯められないということですが、どんな状況なのでしょうか。さっそく家計の内訳を見ていきましょう。