はじめに

無理なく節約できそうなポイントは?

続いて支出についてです。現在の収入に対し支出は多くはありませんが、無理なく節約可能なポイントも何点かあります。

●食費
月の食費が9万円ですが、食べ盛りのお子さんが2人いるので、これくらいかかることもあります。食費を下げたければ、買い物を工夫するなどをすれば5〜7万円ほどに抑えることも可能かと思います。

●保険料
夫婦で1万6,000円の保険に入っていますが、やや過剰に思います。大黒柱であるご主人が万が一の場合に、遺族年金と合わせて生活費がまかなえる収入保障保険に、お子さんが社会人になるまで加入すれば良いと思います。預貯金がしっかり貯まっているので、医療保険などは不要です。保険は、万が一のことが起こったときに自分の力では対処できない損害に対応するものです。

●自動車費用
自動車の費用については、自動車税や車検費用として15万円が計上されていますが、日々のガソリン代や保険費用などの記載がありません。恐らく、お小遣いやその他の旅行費などに組み込まれていると思いますが、自動車にいくらかかっているのかをしっかり把握しないと、思いのほか多くの支出になっていることがあります。保険の内容を把握する上でも、費目をわけて管理すると良いでしょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介