はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳、会社員の男性。現在、30歳の妻と二人暮らし。子どもは一人希望。貯金・投資で資産を増やしつつ、60歳まで住宅ローンを繰り上げ返済したいと言いますが、プランは叶うでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


2019年(38歳の時)に結婚と同時に35年ローンで中古マンションを購入しリノベーションしました。

貯金と投資で資産を増やしつつ、60歳までに住宅ローンを完済したいのですが、貯金/投資/繰上げ返済のバランスをアドバイスください。子どもは1人を希望しています。

◆現在の投資(月19万1,000円)
・ウェルスナビ:2万円
・iDeCo:2万3,000円、1万2,000円
・つみたてNISA:3万3,000円、3万3,000円
・インデックス投資:7万円

◆住宅ローン:物件購入額3,300万円(築20年中古マンション)、リノベーション費用1,100万円、借入額4,400万円、金利0.88%(変動)、返済期間35年、残債4,287万円

【相談者プロフィール】
◆相談者
男性、40歳、子どもなし(2人家族)会社員
年収(会社:620万円ボーナス込み/副業:年50万円程度)
◆配偶者
女性、30歳、会社員 
年収(会社:490万円ボーナス込み/副業:年30万円程度)
*産休中は、副業を年120万円まで増やすことが可能
・住居の形態:持ち家(マンション・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:65万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:170万円
・毎月の世帯の支出の目安:約36万2,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:15万円
・食費:9万円
・水道光熱費:1万5,000円
・保険料:2,300円
・通信費:5,500円
・お小遣い:8万円(4万円ずつ)
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:6万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):900万円
・現在の投資総額:530万円
・現在の負債総額:4,287万円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。今回のご相談者様は、共働きで世帯年収が1,000万円を超えるご夫婦からです。38歳の時に35年ローンで中古のマンションを購入しているので、完済は73歳になりますね。住宅は物件により資産にも負債にもなりえます。住宅ローンの繰り上げ返済が良いのかは、ライフプランニングすることで見えてきます。

まず、家計の状態を把握し、ライフプランを組みながら、貯蓄・投資・住宅ローンについてひとつひとつ考えていきたいと思います。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう