はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、37歳、会社員の男性。現在、貯金120万円に対して150万円の借金があるという相談者。このままでは婚活や、その先の結婚や子どもを持つことも難しいのではと落ち込んでいます。現状を脱却し貯蓄体質になるための戦略は? FPの氏家祥美氏がお答えします。


一人暮らしを始めて家計簿をつけてみて、赤字すれすれということがわかりました。

結婚をまだあきらめたくなく、婚活もしていますが、この年収、この貯蓄額では結婚式を挙げること、結婚指輪を買ってあげること、子どもを持つこと、ゆくゆくは住宅を……ということも難しいのかなと考えてしまい暗い気持ちになっています。

コロナ禍のあおりで今冬のボーナスは減少が予想されるので、婚活費用があるとはいえ日ごろからもっと貯めたいと考えています。

家計簿をつけたときに生命保険に目が行きましたが、がん家系であるので将来的な医療費のことを考え入りましたが、今は過剰ではないかと感じております。

生命保険の見直し方について、またほかに見直す点があればアドバイスをお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・男性、37歳、会社員、独身
・住居の形態:借り上げ寮(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:21万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:70万円
・毎月の世帯の支出の目安:19万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:1万220円
・食費:3万5,000円
・水道光熱費:1万円
・保険料:4万3,000円(1万6,000円・2万7,000円ともに掛け捨て)
・通信費:1万2,000円(契約プラン7,000円、端末分割費用3,900円)
・お小遣い:0〜1万5,000円
・その他:婚活費用8,000円~3万円、交通費0~3,000円、日用品0~5,000円、個人年金1万9,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0〜1万5,000円
・ボーナスからの年間貯蓄額:20万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):120万円
・現在の負債総額:150万円(医療ローン)
氏家:こんにちは。ご相談ありがとうございます。現在婚活中で、将来の結婚に向けてお金を貯めていきたいとのことですね。

金融資産残高マイナス30万円から急いで脱出を

「赤字すれすれ」の家計であり、「この年収、この貯蓄額」では、結婚式も結婚指輪を買ってあげることも厳しいかも……とのことですが、現在の貯蓄残高は120万円。これに対して、150万円のローンを抱えていらっしゃいます。これは、貯金がないのではなく、実質的にはマイナス30万円の状況です。

ギャンブルなどではなく医療ローンということで、やむを得ない事情もあったとお察ししますが、住宅ローン以外の借金で金融資産がマイナスの状況は、結婚を前提でお付き合いをするには、かなり厳しい状況と思ってください。まずはこのマイナス家計を急いでプラスに持っていきましょう。