はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、3人の子どもをもつ43歳、会社員の男性。世帯年収は手取りで450万円ほど。3人の子どもを大学に行かせ、住宅を購入したいとのこと。費用を捻出することはできるのでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


子どもが3人おり、現在小学5年・3年・1年です。教育資金を準備したいのですが、貯金しか方法はないのでしょうか。ジュニアNISAなどを検討した方が良いのか迷っています。

また、子ども3人、世帯年収(手取り)450万円ほどで2,000万の住宅ローンを組むのは無謀でしょうか。

【相談者プロフィール】
・男性、43歳、会社員
 妻/38歳、パートタイマーで年収100万円ほど
 子ども/7歳、9歳、11歳
・住居の形態:親戚の家を借りている(九州地方)
・毎月の世帯の手取り金額:32万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:70万円
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:なし
・食費:7万円
・水道光熱費:3万5,000円
・教育費:2万円
・保険料:1万6,000円
・通信費:1万5,000円
・車両費:2万5,000円
・お小遣い:1万6,000円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:30万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):400万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

秋山:ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。

夫婦共働き、お子さんは小学生が3人、教育資金をどのように貯めるか悩まれていらっしゃいます。また、現在は親戚の家を借りているので家賃が発生していませんが、住宅購入を検討しておられます。人生の3大支出のうち、教育費、住宅についてのご質問ですが、当然老後も視野に入れて考える必要があります。特に住宅ローンを組むのは一生の資産形成にかかわる問題ですので、実現性についてシミュレーションを組みながら一緒に考えていきたいと思います。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう