はじめに

投資信託はさまざまな株をまとめて購入できる便利な金融商品ですが、その分ざっくりとして「自分が何に投資をしているのか」が分からなくなることがあります。長期投資では投資対象が上がったり下がったりするので、しっかりと保持するためにも、自分が何に投資をしているのかを理解することが重要です。

世界の株式は大きく2つにわかれます。先進国株式と新興国株式です。先進国の株式は、日本と日本以外の先進国にわける場合や、北米とヨーロッパを分けて整理することもあります。

全世界の株式時価総額は、2021年10月時点で約69.8兆ドルと言われています。その内訳をみていくと、先進国(日本含む)が62.7兆ドル、新興国が7.2兆ドルで、世界の時価総額のほとんどが先進国です。

今回は「先進国株式インデックスファンド」について解説します。前回紹介した「全世界株式インデックスファンド」とどちらがいいのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。


「先進国株式インデックス」の代表的銘柄3選

今回は、3つの投資信託をピックアップして検証します。いずれも、つみたてNISAに選ばれており、純資産総額が多く、信託報酬がすくない銘柄です。

1) eMAXIS Slim先進国株式インデックス

2021年10月末時点で2,837.50億円の純資産額があり非常に人気があります。年率0.1023%と信託報酬も非常に安いのが特徴です。

MSCIコクサイ ・インデックス(配当込み、円換算ベース)をベンチマークとし、同指数と連動する投資成果をめざした運用を行っています。設定日は2017年02月27日です。

2) ニッセイ 外国株式インデックスファンド

信託報酬は年率0.1023%とeMAXIS Slim先進国株式インデックス同様で非常に低いのが特徴です。また、外国株式という名称ですが、新興国は含まれず、eMAXIS Slim先進国株式インデックス同様に日本を除く世界主要先進国の株式に投資しています。

MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざす点もeMAXIS Slim先進国株式インデックスと同様ですが、設定日は2013年12月10日で、長年の実績があるため純資産額は3,628.42億円です。

3) SBI・先進国株式インデックス・ファンド

こちらは日本を含む先進国株式へ投資を行うファンドで、FTSEディべロップド・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)と連動した運用を目指しています。純資産額は82.93億円と、前述の2つと比べると小さくなっています。設定日は2018年01月12日で、信託報酬は0.1%です。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を