はじめに

毎月の収支、変動費は問題なし

まずご主人の月収入の状況です。残業代によるのか営業職なのどのインセンティブがあるかは不明ですが、45万円から55万円と幅があります。月の支出は約33万円で、収入が下限の45万円でもしっかり生活や貯蓄ができるように生活をコントロールされていると思います。またボーナスも120万円ほどあるので全体的にゆとりがあり問題ないと言えます。
その他の支出の内訳がアバウトな為、詳細はわかりませんが、お小遣い6万円の中で衣服・美容、医療、趣味・娯楽、交際、日用品、交通などの費用をやりくりをされているのであれば問題ないと思います。

固定費は改善の余地あり

家計の中で、敢えて改善点や課題を考えていくと、保険や住宅などの固定費については改善点や課題があるようにも思います。

保険については3万円と高額なので、見直しをしても良いでしょう。おそらく死亡保険だけでなく、医療保険や貯蓄型保険に入っていると思われますので、断捨離をすると、2万円以上を貯蓄に回せると思います。貯蓄保険は、解約返戻金がどのような状態にあるのかわからないので一概に解約すべきとも言えないのですが、「たいして増えない」「資金拘束される」「保障は薄い」「掛け金は大きい」ことからあまりおすすめできません。医療保険については、預貯金から十分に支払えるので敢えて保険で備える必要はないでしょう。高額療養費などの制度をしっかり把握することで医療費に関する不安も減ると思いますので、調べてみると良いでしょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ