はじめに

希望の学校の費用でシミュレーションを

ちなみに試算には小学校の受験費用は入っておりません。幼稚園の、早ければ年中から通う受験塾にかかる費用に、年間200万円以上かけるご家庭も少なくありません。また、上記の私立小学生の教育費は、習い事込みで、年間160万円と試算していますので、東京都内の場合もっと高額になる可能性も高いでしょう。行かせたい学校等が決まっているのであれば、下記のキャッシュフロー表を参考に、実際の学費を入れて試算されることをおすすめします。受験塾代や進学する学校によっては、2人目も私立進学させるのは難しいかも知れません。

2

シミュレーションはあくまで現在の環境が続いた場合

そして、このシミュレーションはあくまで現在の環境が続いた場合です。たとえば、通学の関係で自動車を買うことになったり、食費が高くなったり、ご夫婦のどちらかが減収したりといったことが起こると、結果は大きく変わりますので、状況の変化に応じられるようにしておきたいもの。今のうちにお金の使い道を見直しておきましょう。

見直しができる代表的な項目が通信費です。格安SIMなどを活用すれば、家の通信費も入れて月1万円には落とせるでしょう。また、食費についてはお子様が大きくなってもできるだけ今の金額を保てると良いですね。その他の支出の内容が不明ですが、この試算では年間94万円を旅行など含むその他の支出としていますので、減らせる部分がないか検討してみてください。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]