はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、2人の子どもと暮らす41歳のシングルマザー。現在養育費とほぼ同額の家賃を支払っている相談者。「どうせ家賃に消えてしまうなら」と、住宅の購入を考えていますが、住宅を購入しても教育費と老後資金は確保できるでしょうか? FPの三澤恭子氏がお答えします。


10歳、7歳の子どもがいるシングルマザーの会社員です。このまま賃貸でいくべきか、家を購入すべきか悩んでいます。

現在、養育費6万円をもらっており、家賃がちょうど6万円です。2,500万程度の住宅を購入し、子どもの教育資金と老後資金を確保できるでしょうか。

現金預金は2,000万円あります。ボーナスで年払の保険料を50万円払っています。学資保険・終身保険で700万円を払済。

【相談者】
・女性、41歳、会社員 ・子ども:10歳、7歳
・住居の形態:賃貸(関東地方)
・毎月の世帯の手取り金額:34万円(養育費6万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:110万円
・毎月の世帯の支出の目安:27万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:6万5,000円
・食費:4万5,000円
・水道光熱費:2万円
・教育費:5万円
・保険料:2万円
・通信費:6,000円
・車両費:3万円
・お小遣い:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,000万円
・現在の投資総額:50万円
・現在の負債総額:60万円
・学資保険・終身保険:700万円払済

三澤:ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの三澤恭子です。養育費を貰っても家賃に消えてしまうといった心境でしょうか。仕事に子育てに頑張っているシングルマザーの相談者様は、お子さん2人の教育費やその後のご自身の老後を考えると、このまま賃貸か住宅購入に踏み切るか迷われるのも無理もないことです。安心して購入できるようプランを立てていきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]