はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、43歳独身、会社員の女性。現在は年収900万円台と高収入ですが、過酷なノルマで定年まで仕事を続ける自信がない相談者。目標として、50歳までに6,000万円を貯めて仕事のペースを落として暮らしたいと言いますが、iDeCoやNISAの次の投資はどうすればいいでしょうか? FPの伊藤亮太氏がお答えします。


iDeCoとNISA、次の一手で途方に暮れています。

現在43歳、独身で結婚の予定はありません。都内の古いマンションで、気楽な賃貸暮らしです。「住宅ローンは借りるなら45歳まで」、と聞きつつマンション購入に踏み切れないでいます。iDecoとNISAは上限まで、特定口座とプラスして月5万ほど投資にまわしています。残った毎月10万程度と、ボーナス全額を預金に回しています。しかし超低金利なのでほかにお金を生かす方法はないのか、iDecoとNISAの次に何をすればいいのか分からず、途方に暮れています。

住宅ローンを組めば会社から助成があるものの、過酷なノルマで定年まで勤めあげる自信は皆無です。現在年収900万円台ですが、これは今だけという割り切りもあり、高価なマンションのローンで都内に縛り付けられる怖さもあります。あまりにもマンション価格が上がって、手が出なくなったというのも正直ありますが。

50歳までに6,000万を貯めて、FIREとは言わないまでも、転職か社会保険のきくアルバイトで仕事のペースを落とすこと、都心の風も入らない高層マンションより、自然がある場所で柴犬でも飼いながらのんびり暮らすのもいいな、とぼんやり考えてます。

そのために、iDeCoとNISAの次の一手として、何ができるか教えていただきたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、43歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東京都、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:34万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:150〜250万円
・毎月の世帯の支出の目安:13万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万3,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:8,000円
・通信費:4,000円
・車両費:なし
・お小遣い:1万円
・その他:5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,900万円
・現在の投資総額:200万円
・現在の負債総額:なし
・ボーナスからの年間貯蓄額:200万円

伊藤:ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。

まず質問者の方のお考えから言えば、マンション購入はせず賃貸でいく方がよろしいかと思います。どのような生活になるかわからないのであれば、無理して買わず賃貸で住む方がよいでしょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ