はじめに

5月18日(水)に内閣府が発表した2022年第1四半期(1〜3月) GDPが、2期ぶりのマイナスとなっています。

投資家として「GDPマイナス成長」が意味するところを一緒に考えていきましょう。


GDPとは?

GDPとは、Gross Domestic Productの略で「国内総生産」を意味します。国内で1年間に新しく生みだされた生産物や財、サービスの金額の総和です。自国民によって海外で生み出された財などは含みませんが、外国人による国内での生産は含まれます。なお、市場で取引された財やサービスの生産のみが計上されるため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されません。

資産、負債など財そのもののことを「ストック」、生産、消費・投資など財の変化を「フロー」といいますが、GDPはストックに対するフローをあらわす指標です。その国の経済の力の目安によく用いられます。

GDPは経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の1指標で、伸び率が経済成長率を表します。国民経済計算は国際連合が各国の経済活動を比較できるように定めた基準に基づいて算出されており、日本のGDPは国際的に統一された基準に基づいて内閣府が算出しています。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を