はじめに

暗号資産は単に値動きを見て売買するだけだ、と思っている方も少なくないでしょう。暗号資産を取引所だけで取引していると、そのような局所的な目になってしまうかもしれません。しかし、実際には「Dapps(Decentralized Applicatiion)」と呼ばれる分散型アプリがブロックチェーン上に数多く作られていて、そのなかで暗号資産は様々な形で活用されています。

最近では分散型金融(DeFi)やノンファンジブルトークン(NFT)が注目されるなかで、暗号資産の数が2万以上にまで増えていますが、それとともにDappsの数もまた1万以上に増えています。

このように話してもDappsを触ったことがない方が大半だと思います。現状、国内の取引所ではDappsへのアクセスに対応していません。では、私たちはどのようにしてDappsを利用することができるのでしょうか。

以下では、運動して稼ぐことができるMove2Earnアプリとして注目されている「ステップン(STEPN)」というDappsを例に、その使い方や注意点について解説していきます。


「STEPN」から学ぶDappsの使い方とは?

オーストラリアの企業・FINDSATOSHI LABが運営するステップンは、大前提として「ソラナ(Solana)」というブロックチェーン上に構築されたDappsです。ユーザーはアプリ内のマーケットプレイスでNFTとして管理されるデジタルスニーカーを購入し、現実で歩いたり走ったりすることで、スニーカーレベルと移動距離に応じて独自の暗号資産である「GST(Green Satoshi Token)」と「GMT(Green Metaverse Token)」を稼ぐことができます。

GSTはデジタルスニーカーのレベルアップや修復、配合などに使うことができるアプリ内の基本的な通貨であるのに対し、GMTはアプリ上位者に配布される運営や開発方針について投票する権利が与えられる「ガバナンストークン」としての通貨になります。運動して稼いだこれらの暗号資産はアプリ内で使い続けることもできますが、ソラナや米ドル連動型ステーブルコイン「USDC(USD Coin)」に交換してアプリ外に持ち出すこともできます。

このようにステップンの基本的な仕組みを見ると、Dappsを利用するためには暗号資産やNFTを管理・取引するウォレット機能が必要であることがわかります。ステップンの場合にはモバイルウォレットとしての機能がアプリ内に備えられていて、そこに取引所からソラナを入金することで参加条件となるデジタルスニーカーのNFTを購入することができます。

ウォレットの中には、様々なDappsに対応したサービスもあり、その1つである「メタマスク(Metamask)」というブラウザウォレットは、月間アクティブユーザー数で3,000万を超えており人気となっています。しかし、ステップンの時もそうでしたが、メタマスクでDapps接続するためには取引所でイーサリアムなどを購入してからそこに送金しなければならず、暗号資産に馴染みのない方にとっては利用のハードルが高いと感じるかもしれません。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介