はじめに

コロナ禍でつみたてNISAの加入者が増えましたが、下落相場では「これから始めていいのか」と悩む方も多いのではないでしょうか?

7.5億の資産を築いた投資家で実業家の八木エミリー( @emily_yagi )氏の著書『放置しておくだけでふつうにお金が増える投資術』(ビジネス社)より、一部を抜粋・編集して「つみたてNISA」について解説します。


NISAを始めるなら「今」

2020年からのコロナ禍で多くの人が資産運用について真剣に考えるようになり、つみたてNISAを始めた人がとても増えました。

この2年はコロナの影響で傷んだ経済を立ち直らせようと、補助金が出たり、金融緩和をしたりと、世の中にお金が余っていたんですね。その余ったお金で株が買われて、株価が右肩上がりに上昇しました。株だけでなく不動産も仮想通貨も上がって、ほとんどの人が投資でいい結果を出せていたと思います。

ところが2022年になり、アメリカが金融緩和縮小の段階に入ったり、ヨーロッパで戦争が始まったりして、日本でも株価が下がっています。ここ2年で投資を始めた人にとって、初めて下落相場を経験しているわけです。

しかし、株価が下がっている今こそ、積み立て投資を始めるチャンスです。

ボラティリティ(価格変動)があったほうが、積み立てにはおいしいのです。

まだつみたてNISAを始めていない人はすぐに始めてください。

狼狽(ろうばい)売りは絶対にやってはダメ

つみたてNISAをやっている人は、連日株価がダダ下がりしているのを見ると怖くなって売りたくなるでしょうが、狼狽売りしてはダメです。つみたてNISAを損切で売るというのは、ただ損しただけなんですよ。

株価が上がりっぱなしだった時期を経て、やっとこのときが来た! というくらい、今が絶好のチャンス。同じ金額でたくさん買えますから。

何度も言いますが、つみたてNISAは今は売りではなく、買いのタイミングです。

焦る心を抑えて、静観してくださいね。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]