読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、マイホームを新築したものの、家計への負担を考えると地震保険への加入をためらう35歳の男性。地震保険の加入メリットや、加入するとしたら、どれくらいの補償が必要になるのかについて、FPの平野泰嗣氏がお答えします。

親に実家の敷地の一部を提供してもらい、念願のマイホームを建てることができました。住宅ローンを組んだ金融機関の担当者から、火災保険と合わせて地震保険に入るように勧められたのですが、地震保険料が思った以上に高く、家計への負担が大きいので、加入しようかどうか迷っています。最近、南海トラフなど地震リスクが警鐘されているので、地震への備えは気になります。地震保険に入る必要があるのか、もし入る場合、どのくらいの補償額にしたらよいのか、アドバイスお願いします。


<相談者プロフィール>
・男性、35歳、既婚(妻:33歳・パート)、子ども1人(4歳)
・職業:会社員
・居住形態:戸建て
(埼玉県、木造・2階建てを2,000万円で新築)
・手取り世帯月収:36万円
 夫:30万円、妻:6万円
・手取り年間ボーナス:約120万円
・貯金:300万円
(マイホーム購入直後で減っている)
・住宅ローン残高1,500万円


【家計の状況】
・毎月の支出:30万円
(うち、住宅ローンの返済5万円)
・毎月の貯金:6万円(児童手当は含まない)

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ