キャリア

2020年お金を貯めるためにすべきこと、お金のプロが考えた具体的な「貯め方」「投資」「削り方」

お金を貯める仕組み作り

あけましておめでとうございます。2020年は「オリンピック」Yearですね。筆者は卓球が当たったので、今からワクワクしています。また、2020年はマーケット面でも大きなインパクトを与えるであろう「米国大統領選挙」があります。トランプ大統領が再選となるのか見ものです。

そして2020年は「キャッシュレス決済」が引き続き盛り上がることが予想されます。2019年に起爆剤になったのは国が推進している『キャッシュレス・消費者還元事業』でした。この還元策は2020年6月末で終了する予定ですが、9月から新たな還元策の実施も政府の2020年予算案に組み込まれました。

今回は、2020年お金を貯めるためにすべきことを、具体的に皆さんと考えていきたいと思います。お金を貯める仕組みづくり、キャッシュレスの活用法、投資による資産形成まで、できることから始めましょう。


その1:お金を貯める「目的」「目標金額」「期間」を明確にする

『お金を貯めたい』という願望は、『痩せたい』に似ていると言われます。漠然と「お金を貯めたい!」と思っていても、人間は意思が弱く続かないものです。

お金を貯める目的は、もしものためなのか、教育資金のためなのか、老後資金のためなのか、住宅購入資金のためなのか、余暇・レジャーのためなのか、さまざまあります。まずはこの目的を設定しましょう。

次に数値化することが大事です。目的だけ設定して終わりでは意味がありません。具体的に、「目標金額」と「期間」を決めましょう。そのあとにステップ化をします。

例えば、「家族で行く海外旅行資金のために100万円を1年で貯める」と決めたとします。この目標を細かく「毎月8万3400円貯蓄する」または「毎月5万円貯蓄、ボーナス2回で40万円貯蓄」といった具合にステップ化します。

貯蓄する習慣がない方は、初めはハードルが低い目標や簡単なステップを設定して、無理なく始めるのがポイントです。

その2:支出を見直して貯蓄金額に回すお金を増やす

お金を貯めるために、あなたなら何から削りますか?

「将来のための貯蓄」「食費」「外食費」「レジャー費」「洋服代」「おこづかい」「住居費」「住宅ローン」「駐車場代」「自動車関連費」「保険料」「水道光熱費」「通信費」「教育費」「その他ローン」……

食費、外食費、レジャー費、洋服代、おこづかいを選択してしまった方は要注意です。
マネー相談に訪れるお客様、講演にいらっしゃるお客様、周りの友人・知人を見ていると、変動費のやりくりをしようと思った人はお金が貯まらない人。

固定費を削れる人はお金が貯まる人です。
固定費を一度見直せば、その効果がずっと続きますから確実に貯蓄できる金額を増やせるわけです。

節約を行う場合は、効果の高い順に行うのが鉄則です。
効果の高い順に並べたのが以下の通りです。

(1)固定費の節約
(2)無駄使いを減らす
(3)変動費を減らす
(4)時間の節約

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ