キャリア

2020年お金を貯めるためにすべきこと、お金のプロが考えた具体的な「貯め方」「投資」「削り方」

お金を貯める仕組み作り

まだまだできる貯蓄の仕組み

投資信託積立:「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」
iDeCoは、個人で老後の資産をつくりやすくするために、国が用意した制度です。現役時代に一定金額を毎月積み立て運用し、その運用結果を老後に受けとることができる仕組み。

iDeCoは、掛け金が全額所得控除になることで所得税・住民税の負担が減る、運用中の利益に税金がかからないなど、節税効果が得られるメリットがあります。

特に凄いのが、掛け金が全額所得控除されること。年末調整や確定申告を行うことで、所得税や住民税が戻ってきて、節税ができます。

例えば、年収500万円の人が、年間24万円の積み立てを行った場合、所得税で2万4,000円、住民税(一律10%)からも2万4000円と、合計で4万8000円の税金が取り戻せます。10年で48万円、20年で96万円です。老後まで30年あれば、節税だけで144万円も得できます。

ただし、iDeCoは老後の資産形成が目的なので、積み立てるお金は60歳まで引き出すことができません。なので、毎月貯蓄できる金額があまり多くできない方は掛け金を少なくして活用したり、途中で解約したいニーズがあるならつみたてNISAを優先的に活用したりすると良いでしょう。

iDeCoは、意思が弱い人でも確実に老後のお金を貯めることができる制度と言えます。


大事なのは、お金のことを真剣に考えて、行動することです。お金は人生を映し出す鏡。行動しか人生は変わりません。ぜひ、一歩を進んでくださいね。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ