今回の相談者は、34歳会社員の男性。年収が1150万円もあり、さらに、ジュニアNISAやiDeCoやつみたてNISAで積極的に運用をしています。「人生の3大支出」への備えは万全でしょうか。FPの秋山芳生氏がお答えします。

人生の3大支出への備えについてアドバイスをお願いします。

・教育費はジュニアNISAで準備。
・住宅費は401k.+退職金+iDeCoの一括受取で準備。
・老後資金はつみたてNISA+特定口座で準備と考えています。

資産配分目標はリスク資産8割、無リスク資産2割とかなり積極的に、リスク資産は全てインデックスファンドで運用しています。

教育費(大学費用)はジュニアNISAだけで足りるのでしょうか?

住宅は人口減少社会において、購入ではなく生涯賃貸でも選択肢になり得るのでしょうか?購入の場合は住宅ローン控除を使える現役時代に、購入する方がメリットが大きいでしょうか?

老後生活は年金額の減少と年齢の先延ばしが予想されています。今現在どのような対策を取るのがいいと思われますか?

<相談者プロフィール>
・男性、34歳、既婚(妻、33歳、会社員)
・職業:会社員
・子ども:2人(3歳、5歳)
・同居家族:相談者(転勤族)は単身赴任で一人暮らし
・住居の形態:相談者は借上げ社宅、妻子は義親所有のマンション
・毎月の世帯の手取り金額:56万円(借上げ家賃1.4万、生損保1.5万天引き含む)
 ※相談者:年収1150万円、妻:年収60万円(パート)
・年間の世帯の手取りボーナス額:210万円
・毎月の世帯の支出の目安:30.5万円
(仕送り15.5万円、単身赴任生活費15万円※ほぼカード払い)

【毎月の支出の内訳】※借り上げ家賃、天引き生保以外
・住居費:6万円(仕送り、義親への家賃)
・食費:6.3万円(仕送り)
・水道光熱費:1万円(相談者生活費)
・教育費:3.2万円(仕送り)
・保険料:1.3万円(天引き以外)
・通信費:1万円(相談者生活費)
・車両費:1万円(相談者生活費)
・お小遣い:4万円(相談者食事代)
・その他:3万円(相談者帰省代)

【資産状況】
毎月の貯蓄額:24.8万円(401k✕2、積立NISA✕2、ジュニアNISA✕2)
現在の貯蓄総額:700万円(MRF360、個人年金310、普通預金30)
現在の投資総額:2300万円(先進国株式9割、新興国株式1割)
現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ