読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、62歳自営業の男性。68歳でリタイアを予定しており、老後資金のために、さらなる投資をすべきかお悩みだそうですが……。FPの秋山芳生氏がお答えします。

現在62歳で個人事業を行っています。持ち家がなく、預貯金が1800万円ほどで、今後68歳のリタイアまで毎年120万円ほど預金できる見込みです。また、資産運用として預金のほか株式、信託投資を800万円程度していますが、今後更なる投資をすべきか悩んでいます。また、今後、マンションを買うのがいいのかこのまま賃貸がいいのか迷っています。老後資金として安心できるためにはどのような資産運用したらいいか教示願います。なお、負債等はありません。ちなみに夫婦別居中です(それぞれ賃貸住宅)。

【相談者プロフィール】
・男性、62歳、既婚(妻、61歳)
・職業:自営業
・同居の家族:なし(妻別居)
・子どもの人数:2人(31歳、29歳)
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:70万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出の目安:60万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:21万円(夫婦2か所分)
・食費:9万円
・水道光熱費:5万円
・保険料:2万円
・通信費:2万円
・車両費:6万円
・お小遣い:2万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯蓄総額:1800万円
・現在の投資総額:800万円
・現在の負債総額:なし

秋山: ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの秋山芳生です。現在62歳の自営業で、今後68歳でリタイアを考えていらっしゃるんですね。毎年120万円の貯蓄ができるとのことですので、その前提でライフプランを組んでみたいと思います。