読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、39歳、会社員の女性。独身でも、老後の医療費や介護費をまかなえるように、貯金と投資で備えている相談者。現在のマネープランでOK?また、iDeCoとつみたてNISAの次は何に投資するべき? FPの高山一惠氏がお答えします。

現在39歳、会社員、独身、結婚の予定なし、一人暮らしです(+猫)。

おひとりさまの老後になりそうなので老後資金が不安で、6~7年ほど前から資産運用を始めました。現在、家計収支は平均して月24万円くらいの黒字で、月々の先取り貯金&投資は以下の通りです。

つみたてNISA…3万3,000円(セゾンVGB、セゾン資産形成の達人ファンド ※上限満額)
iDeCo…1万2,000円(eMAXIS Slim 先進国株式インデックス ※上限満額)
猫医療費積み立て…5万円(ペット保険未加入なので、いざというときのため)

お伺いしたいのは2点です。

(1)上記、月々の先取り貯金&投資をしたうえで14万円程度の余剰金があり、現状はただ現金で溜まっていくだけですが、それではもったいないので、何かしらの投資に回したいです。どういうプランがいいでしょうか。検討しているのは、S&P500に連動する投資信託の積み立てなど。

(2)高齢期の医療、介護費用をすべて自分で賄う必要がありますが、それを加味して、老後資金はどのくらいを想定すべきでしょうか。身の回りのことを自分でできなくなったら、早々に老人ホームに入所したいですが、費用感などもお伺いできますと幸いです。


【相談者プロフィール】
・女性、39歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:39万円
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:15万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:5万円
・食費:1万5,000円
・水道光熱費:1万5,000円
・教育費:8,000円(奨学金返済)
・保険料:5,000円(掛け捨ての医療保険、がん保険、生命保険、個人賠償責任保険)
・通信費:2,000円
・その他:5万5,000円(娯楽費、猫飼育費、日用品、交通費など)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:24万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):700万円
・現在の投資総額:1,750万円
・現在の負債総額:50万円(無利子の奨学金)
・公的年金:月13万円
・退職金:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ