はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、第一子目を出産予定の34歳看護師の方。もう1人子どもを望んでいますが、おそらく不妊治療が必要とのこと。世帯年収は手取り700万円。2人目を望めるようなマネープランは? FPの高山一惠氏がお答えします。


結婚して4年、不妊治療(体外受精)で第一子を授かり12月出産予定です。子供はもう1人欲しいと思いますが(できれば2学年差)、おそらく不妊治療を再開しないといけないと思います。年齢等も考え、できれば仕事復帰前に治療は再開したいと思うのですが、貯蓄も少なく第二子のタイミングを考えてしまいます。第二子をのぞめるような家計管理をアドバイス頂きたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、34歳、看護師、月収手取り22万円
 10月末から産休。1年から1年4か月くらいで復帰予定
 夫/37歳、会社員、3年前に転職、月収手取り23万円
 子ども/0歳(12月出産予定)
・住居の形態:持ち家(中部地方)
・毎月の世帯の手取り金額:45万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:夫70万円、妻90万円
・毎月の世帯の支出の目安:37万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:12万円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万5,000円
・保険料:3万3,000円
・通信費:8,000円
・車両費:ガソリン代2万円
・お小遣い:夫4万円、妻3万円
・その他:日用品2万5,000円、SECOM 4,000円、ペット1万5,000円、娯楽費1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額2万円(あとは共通口座の残り)
・現在の貯金総額(投資分は含まない):共通口座130万円、積み立て口座40万円、貯蓄口座190万円、特別費口座26万円、妻普通貯金45万円、夫不明
・現在の投資総額:
 妻/iDeCo(老後資金用毎月1万)総額50万円、つみたてNISA(教育費用)毎月1万総額50万円
 夫/iDeCo毎月5,000円(総額不明)、会社株毎月5,000円(給料天引き、退職に時もらえる)
・現在の負債総額:住宅ローン物件購入額4,000万をダブルローンで夫6:妻4、金利1.18%固定、返済期間35年(2018年〜)、残積:夫2,420万円、妻1,600万円、車ローン(11月に購入)370万円、4年ローン、ボーナスから年2回10万ずつ月3万5,000円(予定)

【その他家計のルール】
・現在共通口座に11万円ずつ入れて支払い。
・毎月2万円を共通口座から積み立て口座に移動。
・家賃は夫7万円、妻5万円をそれぞれの口座から引き落とし。iDeCoやNISA、株の関係はそれぞれの口座から引き落とし。残りをお小遣いにしている。
・ボーナスはそれぞれ5万を自分達のお小遣いにして他はなるべく貯金。
・特別費は毎月1万妻から入れる(何を引き落とすかハッキリ決めておらず、今年は固定資産税や車検、冷蔵庫の購入なども共通口座から引き落とした。来年からは固定資産と車検は特別費から引き落とそうかと考えている)。

高山:不妊治療を経てお子さんを授かったとのこと。喜びもひとしおですよね。2人目のお子さんも望まれているとのことですが、どうしてもお金のことが気になってしまいますよね。まずは、子どもが2人になることを想定し、今後のライフプランで準備したいお金を把握しましょう。