はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、49歳の派遣社員の独身女性。WEB制作の仕事をしていますが、派遣社員のため退職金もなく将来が心配だと言います。月の手取り収入23万円の中から8万円も投資に回すやりくり上手の相談者。これからの老後資金作りの鍵は? FPの氏家祥美氏がお答えします。


派遣社員なのでボーナスも退職金もなく将来の収入が心配です。

WEB制作の仕事を長くしていてスキルアップに励んでいますが、厳しい環境です。老後の資金が不安です。投資はプランナーと相談し、6年前からNISAと変額保険に入っています。毎月13万5,000円トータルで入れており、うち毎月の給与からは8万程度入れて、残りは貯金から入れていますので、ほとんど貯金には回していません。

今からどんな対策を考えていけばよいでしょうか。

【相談者プロフィール】
・性別:女性、49歳、独身
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:23万円
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:15万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万7,000円
・食費:1万5,000円
・水道光熱費:1万円
・保険料:2,000円
・通信費:7,000円
・お小遣い:1万円
・その他:医療費2,000円、習い事と学習費8,000円、雑費5,000円、交通費2,000円、住民税1万1,000円(月平均した割合)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:1万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):480万円
・現在の投資総額:1,280万円
・現在の負債総額:なし

氏家:今回のご相談者さんは、WEBデザイナーとして派遣で働いている49歳の女性です。派遣社員のため、ボーナスがなく、仕事や収入の保障もないということで、将来に不安を抱えています。老後に向けてどのように考えていったらいいのでしょうか。家計の内訳、公的年金の確認、副業の可能性の3点を柱に、順番に考えていきましょう。

[PR]不動産投資、住宅ローン、リフォーム等、不動産の"わからない"を自分で学んで判断できるように