はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、29歳、会社員の男性。現在妻が第一子を妊娠中で、子どもは2人希望し、住宅も購入しようとしています。この条件で、55歳までに退職して、旅行を楽しむセカンドライフを送りたいと言いますが、可能でしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


29歳会社員。29歳の妻と二人暮らし。今年6月に第一子が生まれる予定です。子どもは将来二人希望しています。

55歳で退職を目指しており、投資信託の取り崩し及び年金で生活、旅行などしていきたいのですが可能でしょうか? 住宅購入や保険、教育費等をアドバイス頂きたいです。

現在は兵庫県の社宅に住んでおり、55歳までに退職(FIRE)すれば妻の出身地か私の出身地に戻りたいと考えていますが、兵庫県に住み続けることも検討しています。

第一子が小学校に入学前には県内に一軒家またはマンションを購入予定です。新築にこだわりはありません。大阪、神戸までは電車県内なので、子どもが大学を希望すれば近畿圏内であれば通いを想定しています。

妻は4月より産休、育休に入っています。復職予定ですが、勤務先の業務時間が長いため復職後転職の可能性あり(正社員希望)。

出費はエクセルで毎週管理中のため、多少の誤差はありますが把握できています。また、今は240万円の貯金がありますので、貯金せずにほぼ投資に回しています。

なお、お金のかかる趣味はありません(草野球、熱帯魚飼育)。また、親とは別居しており、介護の必要はありません。

【相談者プロフィール】
・男性、29歳、製造業、大手一部上場企業正社員、月収35万円(ボーナス100万円/年)
・妻:28歳、小売業、大手一部上場企業正社員、月収20万円(ボーナス60万円/年)。
・住居の形態:社宅(兵庫県)
・毎月の世帯の手取り金額:26万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:120万円
・毎月の世帯の支出の目安:21万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円 (1万5,000円万円/月 ※給与天引き)
・食費:5万5,000円(外食含む)
・水道光熱費:1万1,000円
・保険料:4,000円(ネット保険及び別途会社保険6,000円 ※給与天引き)
※加入保険:
 生命保険1,000円(夫:1,000万円、妻500万円 ※給与天引き)
 医療保険3,500円(夫、妻共に入院日額5,000円)
 車任意保険4,320円 ※給与天引き
 がん保険300円(夫、妻合計入院のみ)←給与天引き
・通信費:5,000円
・車両費:2万円
・その他:緊急出費、日用品、被服費、趣味等で合計6万円程度(2021年平均)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):240万円
・現在の投資総額:750万円
・現在の負債総額:0

【投資内容】
・つみたてNISA:6,666円/月
・ iDeCo(妻):5,000 円/月
・確定拠出年金:2万7,500 円/月(半年分をボーナス天引き)
・特定口座:20万円/月
※ 全てeMAXIS Slim全世界(オールカントリー)

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。今回のご相談者様は今年の6月に第一子が産まれるアラサーご夫婦。産休・育休を利用した後は共働きで稼いでいくことを前提にしています。第二子をもうけたうえで、55歳でFIREが可能かを考えています。

現在の資産や家計の状況を確認しながら、改善ポイントがないかを考えるとともに、ライフプランシミュレーションを通じて、アーリーリタイアの実現性を検証していきたいと思います。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ