はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、29歳、会社員の独身女性。コロナ禍で残業代がなくなってしまったけれど、会社は副業禁止。貯蓄ができずに悩んでいるといいます。将来を見据え本格的に資産形成に取り組むための貯蓄と転職の戦略は? FPの氏家祥美氏がお答えします。


コロナが流行ってから会社が残業なしになり、給料が減り、またいい歳なので今後のために貯金をしようと思いましたが、なかなか月々貯められずにいます。何からしたらいいのかも分からず、周りから保険には入ったほうがいいと言われ保険に入ろうかも迷い中です。

ボーナスは、満額であれば夏冬合わせて50万円、毎年の業績に合わせて変動します。去年はギリギリ30万円でした。今年はあるか分からないと言われました。

今、相手もいないので、このまま独身かと思うと不安で少しでも働けるうちに貯金したいです。また会社が副業が禁止な為、副業出来る会社に転職しようかも迷い中です。なにからしたらよいでしょうか?もしよろしければアドバイスお願いします。

【相談者プロフィール】
・女性、29歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(北海道)
・毎月の世帯の手取り金額:16万5,000円(住宅手当て含む)
・ボーナス:満額なら夏冬合計50万円。昨年は30万円。今年は不明。
・毎月の世帯の支出の目安:14万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:4万8,000円
・食費:2万円
・水道光熱費:2万1,000円(年間の合計を割った数字です)
・通信費:1万円(サブスク含みます)
・お小遣い:2万5,000円
・その他:医療費5,000円、日用品5,000円、服・美容など6,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:最低1万5,000円+封筒積立1万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:20万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):93万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:0円

氏家:お金を貯めたいけれど、コロナで収入は減ったし、副業は禁止されているし、何から始めていいのかわからないという状態のようですね。まずは現在の家計の状況から確認していきましょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ