はじめに

FX取引の典型的な失敗例として、コツコツと積み上げてきた利益が、ある日突然ドカンと消失してしまうケース「コツコツドカン!」(第7回参照)があります。これに陥らないためには、自分が取引している相場の「上がっている理由」「下がるリスク」など、ある程度は理解することが大切です。

今回は、どうしたら「ドカン!」を回避できるか、深掘りしていきたいと思います。


円安も円高も、永遠には続かない

自分が取引している相場について、「ドカン!」といったショック相場が起こる前に、理解しておく必要があったのは何か。別な言い方をすると、「ショック相場」でせっかく積み上げてきた利益を「ドカン!」と吹き飛ばすことを回避するために、どんな理解が必要だったか。それは、特別な情報ではなく、「常識」といったことではないでしょうか。

「コツコツドカン!」をもたらす「ショック相場」は、トレンド転換局面で起こるといったパターンがあります。例えば、円安局面が長く続けば続くほど、基本的には円安を前提とした米ドル買い・円売り取引が増えるでしょう。ところが、それが円高へのトレンド転換局面ということなら、円安を前提とした米ドル買い・円売り取引が急転換に追い込まれる、それによって逆方向への「ドカン!」が起こるということです。

その代表例が、1998年に起こった米ドル/円大暴落のケースです。1998年の夏にかけて、米ドル/円は150円に迫るまで上昇しました。今の米ドル/円レートの感覚から考えると、凄い円安だったでしょう。ところが、同年7月に、150円に届かないところで米ドル高・円安は終了。それから間もなく、注目すべきドラマが起こったのです。

米ドル/円が高値を付けてから間もない1998年10月、米ドル/円はほんの3営業日程度で、135円から110円割れ寸前まで、20円以上もの大暴落となりました。なぜそんなことになってしまったのか。

それまで長く米ドル高・円安が続く中で、市場参加者のかなりの割合が大きく米ドル買い・円売りの取引に傾斜していたようです。ところが、突然米ドル安・円高への急転換が起こった。すると、米ドル買い・円売り取引に大きな損失が発生し、その損失を確定させる取引を「損切り」といいますが、この局面の場合は損切りの米ドル売り・円買いが大量に発生したことから、上述のような米ドル大暴落が起こってしまったと考えられます。

つまり、長く続いた一方向への展開では、その方向を前提とした取引が拡大しているため、トレンド転換を前後して相場が逆方向に動く中で、一時的に相場が大きく動くといった「ショック相場」が起こりやすい、ということです。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]