はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、36歳、独身、会社員の男性。2年後に他業種への転職を予定している相談者。転職にともない、収入が現在の半分以下になりそうとのこと。生活は成り立つのでしょうか? また何を準備すればいいでしょうか? FPの氏家祥美氏がお答えします。


他業種への転職で年収が激減するので、今の段階でできる備えなどあれば知りたいです。

現在、会社勤めと並行して専門学校へ通っており、2年後の卒業に向けた転職を考えております。まったく違った分野への転職であり、高い収入の見込める業種ではありません。おそらく現在の二分の一から三分の一程度になると予想しています。

節約を習慣にして支出を押さえる(貧乏に慣れる)、預貯金を投資信託(つみたてNISAなど)に切り替える。企業DCのマッチングやふるさと納税を満額で行い、初年度の控除を少しでも増やしておく。

など、幾つか取り組んでいます。学費については教育ローンを組んでおり、現在の仕事をしているうちに完済予定です。学校を通して転職が具体化したところで、今より安い賃貸への引っ越しも考えています。

この年齢での転職になるため、結婚、持ち家、マイカーなどは今後の人生で考えてはおりません。地元に暮らす両親に今後、介護が必要にならないかという点だけが心配です。

【相談者プロフィール】
・男性、36歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(一人暮らし、関東地方)
・毎月の世帯の手取り金額:29万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出の目安:22万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万5,000円
・食費:3万8,000円
・水道光熱費:9,000円
・教育費:5万8,000円
・保険料:4,000円
・通信費:4,000円
・お小遣い:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:30万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):330万円
・現在の投資総額:250万円
・現在の負債総額:60万円

氏家:現在、会社勤めをしながら専門学校に通っているご相談者さん。専門学校で学んだことを活かして2年後の卒業に合わせて転職を予定しています。未経験分野への転職となるため、転職後の収入は現在の半分もしくは三分の一程度になるかもしれないということです。

収入が半減するのはつらいところですが、未経験分野の仕事に飛び込むには、低賃金、時には無料のボランティアであっても、その分野の経験を積んでいくことが実績につながるというもの。経験や実績が次の実績を生むなかで、自身や信頼を獲得していきます。

[PR]お金の悩み無料相談!ライフプランを作成し、将来の不安に対して、無理のない対策をアドバイス!