いま50代夫婦が最も気になることは、老後のお金ではないでしょうか?正面から取り組むのは怖いので目を背けたくなるところではありますが、50代は人生100年時代の折り返し地点、お金や夫婦関係・人生を見直すラストチャンスと言えます。


老後資金はiDeCoでしょは本当?

iDeCoは「老後のためにいまできること(イデコ)」、自分で育てる自分年金としてすでに聞いたことはあるでしょう。しかし、50代のプレ定年世代がこれから老後資金作りを考えている場合にはiDeCoへの過信は禁物です。というのも以下の理由を見ていただきたいと思います。

60歳までしか加入できない=十分な資金作りができない

イデコの掛金拠出は60歳までであり、働き方によって掛金拠出限度額が異なります。企業年金がない会社員や専業主婦(夫)は年間27万6,000円まで、企業年金がある会社員は、企業年金の種類により年間14万4,000円あるいは24万円までと決められています 。

たとえば、55歳会社員(企業年金なし)の夫と53歳専業主婦の世帯では、拠出できる金額は総額で331万2,000円 です。老後資金の備えとしては十分とは言い難いです。また、すでに企業型確定拠出年金に加入している会社員は、iDeCoには加入できない場合もあります。

長期運用ができない=投資のリスクが高まる

運用商品に元本変動型を選択する場合には、運用リスクがあるのはご存じかと思います。中長期的に運用を行うことで投資による価格変動リスクは小さくなり、安定した収益が期待できます。

前述した夫婦の場合、投資運用期間は10年未満 になってしまいます。運用だけは70歳まで可能ですが、積立も一緒に行いたいとすると役不足感は否めません。

一方では、iDeCoについて「65歳まで加入年齢を延長して拠出を続けられる方向で検討されている」との報道もあります。iDeCoの税制優遇はメリットが大きいことは確かですが、50代のプレ定年夫婦には現行のiDeCoだけで今から十分な備えができないことを理解しておきましょう。