はじめに

税金を取り戻しつつ資産形成できる「iDeCo」を組み合わせる

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、毎月一定の掛け金を積み立て、自分自身で運用商品を選んで運用する制度です。掛金を積み立てたときは、掛け金の全額が所得控除となり、所得税・住民税が減ります。また、運用中の利益はつみたてNISAと同様に非課税になります。

ここまで聞くと、つみたてNISAより良い制度ではないかと思う人がいるかもしれませんが、世の中に完璧な制度はありません。実は、iDeCoで積み立てた資産は60歳になるまでは受け取れないというデメリットがあります。ただ、そのデメリットも見方を変えれば、60歳まで引き出せないので、確実に老後資産が貯まる制度とも言えます。

今回ご紹介するのは、iDeCoで税金を取り戻しつつ老後資産を貯めながら、つみたてNISAで各種イベントに備える「iDeCo&つみたてNISA活用術」です。

【月3万円資産運用パターン例】
・投資信託(つみたてNISA):1万5000円
商品名:楽天・全世界株式インデックス・ファンド
信託報酬:年率0.222%(税込)
純資産総額:345.20億円

・投資信託(iDeCo):1万5000円
商品名:eMAXIS slimバランス(8資産均等型)
信託報酬:年率0.154%(税込)
純資産総額:449.11億円

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは、アップル、マイクロソフト、アルファベット(グーグル)など名だたる先進国企業をはじめ、日本を含む全世界の株式に投資する「バンガード®・トータル・ワールド・ストックETF」に対して投資する商品です。大・中・小型株約8000銘柄をカバー。米国株式を5〜6割組入れています。世界中のあらゆる株式に、低コストで投資できる商品です。

eMAXIS slimバランス(8資産均等型)は、国内・先進国・新興国の株式と債券、国内・国外のリートの8資産へ投資する商品です。株式だけに投資するファンドと比較し、下落リスクに強く、リターンよりもリスクに備えた堅実な資産運用がしたいという人にオススメです。