はじめに

iDeCoや企業型DCで買っている場合はどうする?

iDeCoや企業型DCも、つみたてNISAと同様、運用で得られた利益が非課税にできます。また、iDeCoでは自分で掛金を支払うことで所得税や住民税を安くできます。企業型DCではマッチング拠出(従業員拠出)を行うことで所得税や住民税を安くできます。

iDeCoや企業型DCでは、つみたてNISAと違って商品を入れ替えるスイッチングが制限なくできます。しかも、スイッチング自体には手数料がかかりません(一部の商品で、解約時の手数料がかかる場合があります)。スイッチングできる商品は、iDeCoや企業型DCの金融機関で扱いのあるものに限られますが、それでも、商品を変更したいという人にはありがたい制度でしょう。

ここまで紹介してきた考え方をもとに、利益が出ているならスイッチング、出ていないならば金額を下げて続けるという具合に判断すればいいでしょう。


積立をやめたからといって、それまで積み立ててきた商品を安易に解約するのは考えものです。損失が出ている場合に売ってしまうと、その後値上がりした場合に資産が回復しなくなってしまいます。

また、つみたてNISAだと制度上の問題もあるので特に注意したいところです。お金を減らさずに増やす運用を一緒に実践していきましょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。