はじめに

つみたてNISA・iDeCoの商品選びも堅実!

ご相談者さんの家計を拝見すると、とても堅実に暮らしており、毎月の貯蓄、投資もきちんとできていて立派です。

つみたてNISA・iDeCoを上限金額まで投資した上で、毎月の余剰金が14万円あるとのこと。預貯金も既に700万円あるので、おっしゃる通り、他の投資について検討したいところですね。

つみたてNISA、iDeCoで運用している商品を拝見すると、コストが低く、運用成績も安定している良質な投資信託を選択されていますね。資産運用の勉強についても頑張っていらっしゃるのではないでしょうか。次の投資先候補としてはさまざまなものがありますが、米国株は有望な投資先だと思います。

つみたてNISA・iDeCoの次の投資先の候補は?

ご相談者さんも次の投資先の候補としてS&P500に連動する投資信託の積立を挙げていらっしゃいますね。S&P500に連動する投資信託も選択肢の一つだと思いますが、米国株ETFも検討してみてはいかがでしょうか。

ETFは上場投資信託とよばれ、上場しているので、株式と同じようにリアルタイムで取引できるところが特徴です。ETFの多くがインデックスファンドとなっており、かつ、通常の投資信託と比べて取引手数料やその他のコストが安く設定されています。

S&P500に連動している米国株ETFには、バンガード・S&P500ETF、iシェアーズ コアS&P500ETF、SPDRポートフォリオS&P500ETFなどがあります。いずれも経費率は0.03%、2021年9月時点での5年トータルリターン(年率)は、約18%です。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介